読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

人間の脳は、新しい不満を探すようにできている、の巻

エッセイ風に、なんでもあり編

町田市の税理士 高橋浩之 です。


人間の脳は、新しい不満を探すようにできている、の巻


働き者だけあつめても、働かない者がでてくる

働きアリでも、すべてがすべてがんばっているのではない。こんな話を聞いたことありますか。

じつは、働きアリでも一生懸命働いているのは80%くらいだけらしいんですね。のこりの20%のアリはサボっている。そこで、今度はがんばっているアリだけを別にしてみる。すべてのアリが働くかといえばさにあらず。やはり20%の働かないアリが出てくるそうです。

f:id:taxjolly:20150518173304p:plain
*どんな集団にも、働かない20%のアリがいる!


100%の満足はつづかない

人間の脳にも似たような働きがあるんだと、ある脳科学者の本に書いてありました。

知り合いの中に、どうしてもソリが合わない人がいるとします。残りの気の合う人だけと付き合うようにする。最初はもちろんいい。でも時が経つと、その中に何人か〝この人がいなければいいのに・・・〟という人が出てきてしまうというんですね。

どうしてそんなことがおこるのかというと、それは、人間の脳はそういう風にできているから、だといいます。

人間の脳は100%の満足がつづくようにはできていないんですね。脳は、不満要素を取り除いても、新たな不満を探し出してしまう。


これを、人間の欲望にはキリがない、と捉えれるべきかよくわかりません。でも、そうできているらしい。どうにかしたくても、そういう風にできているじゃどうしようもないわけでして・・・

f:id:taxjolly:20150514080555p:plain
 *人は、新たな不満を探している(?)


そうすると、結局、不満があることを承知をして、それを含めて現状をあるがまま受け入れるのが、もっとも精神衛生上いいんですかね?100%を追い求めても、そうはならないんですから。

でもそうすると、現状維持がいちばん、なんてことになってしまう。

『現状維持では、後退するばかりである』かのウォルト・ディズニーはこんな名言をのこしているというのに・・・


ねえねえ、どうしたらいいの?

──と、ここで有名なねずみのキャラクターに問いかけているイラストを書こうとして、ディズニーが著作権に厳しいことに思い当たり、やめる

f:id:taxjolly:20150612064527p:plain




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。