読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

マイナンバーの通知カードはだれから来る? それは不明です、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



マイナンバーの通知カードはだれから来る?

マイナンバーの通知が、平成27年(2015年)10月から始まります。

f:id:taxjolly:20150710073212p:plain
 *マイナンバーの通知が、10月から始まる!


マイナンバーの通知は、各市区町村から送られてくることになっています。内閣官房のホームページにそのように載っています。ところが、同じページの下のほうで、マイナンバーの通知は、市区町村から委託を受けた「地方公共団体情報システム機構」が行う、と書いてあるんですね。

んっ? どういうこと?

差出人はいったいだれなの? 各市区町村なの? それとも地方公共団体情報システム機構という団体なの? どっちの名前でくるんでしょうか?


それは不明です

よくわからないので、内閣官房のマイナンバーコールセンターに問い合わせてみました。

質問した後、しばら~く電話口で待たされたあとの結論は、

「わかりません。」

うむ、わからないのか。

でも、もし、ですよ。もし地方公共団体情報システム機構が差出人になっているとしたら、受け取らない人続出でしょうね。だって、そんな名前聞いたことないですもん。それに、いかにも公共団体を騙(かた)ったようなあやしい名称ですからね。ほんとはちがうのに・・・*1

f:id:taxjolly:20150711071326p:plain
*おやおや、こんなことにならないかしら・・・


わたしがおもうに、発送は地方公共団体情報システム機構がするけれど、差出人名は各市町村名ということじゃないかな。ただ、内閣官房がわからないというからには、現時点でははっきりとしたことは言えません。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


*1:マイナンバーなどに関する事務をおこなうために地方公共団体が共同で設立した組織