読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

マイナンバー法違反にはきびしい罰則がある、巻

もろもろ税金のこと編

町田市の税理士 高橋浩之 です。


マイナンバーには利用制限があります。それは、「民⇒民⇒官」の流れの中でのみしかマイナンバーを取り扱えないこと。つまり、最終的に官(⇒役所)に到達しない流れの中でマイナンバーを取り扱うことは許されないんですね。

そのような流れの外でマイナンバーを提供したり、取得したりすると、厳しい罰則が待っているのです・・・

f:id:taxjolly:20150902080952p:plain

マイナンバー法違反には厳しい罰則が待っている!

f:id:taxjolly:20150902081004p:plain
*正当な理由なく特定個人情報ファイルを提供
 ⇒4年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金または併科


f:id:taxjolly:20150903071934p:plain
*不正な利益を図る目的で個人番号を提供
 ⇒3年以下の懲役もしくは150万円以下の罰金または併科


f:id:taxjolly:20150903071949p:plain
*人を脅迫するなどして個人番号を取得
 ⇒3年以下の懲役または150万円以下の罰金


f:id:taxjolly:20150902081023p:plain
*偽りその他不正な手段により個人番号カードを取得
 ⇒6月以下の懲役または50万円以下の罰金



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。