読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

ひとは最後にはすべてを受け入れることができるはず、の巻

エッセイ風に、なんでもあり編

町田市の税理士 高橋浩之 です。


ひとは最後にはすべてを受け入れることができるはず

人は、もうダメだとおもえるくらいの困難に直面したとき、つぎのような心理状態をたどるといいます。

第一段階 ─否認─
それはなにかの間違いではないかと、つよく否定する

f:id:taxjolly:20150508101155p:plain


第二段階 怒り
なぜ自分がそんな目にあわなけれならないのかと憤慨し、回りの人間に当たり散らす

f:id:taxjolly:20150508101226p:plain


第三段階 取引
なにかにすがろうとする段階。宗教に凝る。神に祈る、など。

f:id:taxjolly:20150508102251p:plain


第四段階 抑うつ
〝取引〟もダメだとさとり、なにもできない、したくなくなる

f:id:taxjolly:20150508101526p:plain

否認、怒り、取引、抑うつ、これらの心の動きを経て、最後に人は・・・、

第五段階 受容
すべてを受け入れる

f:id:taxjolly:20150508102736p:plain


すべてを受け入れられたなら、どんな困難でも解決したとおなじ。途中つらいときがあるけれど、ひとは最後にはすべてを受け入れることができるはず。そう思えば、どんな困難でも乗り切れるような気がしてきませんか!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。