読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

消費税の軽減税率、いまは対象品目をどうするかのせめぎあいの最中、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



消費税の軽減税率は、なんらかの格好で導入されることになりそうですね。導入されるとしたら2017年4月の10%への消費税率アップのとき。いま(2015年11月)は、対象品目をどうするかのせめぎ合いの最中のようでして。

■■■
一方の連立与党のひと「対象は酒をのぞく飲食料品」

f:id:taxjolly:20151024174302p:plain
いちばん、皆に受け入れられやすいし、線引きもわかりやすいとの主張ですね。

■■■
もう一方の連立与党のひと「対象はなるべく少なく」

f:id:taxjolly:20151024174331p:plain
もともと増税分はすべて社会保障費に充てるはずだった、という主張です。


 f:id:taxjolly:20151024174236p:plain:w330
 *さて、この綱引き軍配はどちらに?



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。