読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

いつもそばにいるよりはいいですよね。〝税理士は、あなたの頼れるパートナー〟の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


■■■
イメージだけを優先するキャッチコピーはよくない

企業に、標語・キャッチコピーといったものがありますね。有名なところでは、「はやい、やすい、うまい」(吉野家)、「お口の恋人」(ロッテ)などなど。

うろ覚えですが、かつて某銀行のキャッチコピーに「いつもあなたのそばにいます」なんていうのがありました。きれいです。イメージとしてはとてもいいですね。

f:id:taxjolly:20151107153242p:plain
 *もちろん、こんな絵柄ではなかったはずですけど

でも、実際、その銀行の人はいつもあなたのそばには、いない。いるはずない。さらに、電話してもなかなかつかまらなかったりする。「いつもおれのそばにいるんじゃなかったのか」なんて皮肉を言われちゃったらどう返すんでしょうか。「それは本部が勝手に言っているだけのことで・・・」とでも言うのかな。

ということで、あまりイメージだけを優先しすぎのキャッチコピーはよくない。


■■■
〝税理士は、あなたの頼れるパートナー〟

じつは、税理士会にもキャッチコピーがあります。それは、「税理士は、あなたの頼れるパートナー」というもの。

堅い? ダサい?

かつて、税理士会には「税金のことは税理士へ」というキャッチコピーがありました。作家の井上ひさしさんが、それを取り上げて、そういう武骨なものが肌に合う、と書いていました。

f:id:taxjolly:20151110072540p:plain:w180

いまのキャッチコピーもどちかといえば、その武骨路線です。堅くて、ダサいかも知れないけど、うん、そうだな、武骨でわかりやすい方がいいよな。


それに、「税理士は、いつもあなたのそばにいます」なんてキャッチコピーより、よっぽどいいですよね?

 f:id:taxjolly:20151107154516p:plain:w200
 *いつもそばにいると、必然的にこうなる



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。