読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

最高税率の人の所得税は、最高税率をかけた金額ではない・・・?の巻

■■■
最高税率の人の所得税は、最高税率をかけた金額ではない・・・?

所得税の税率は、その人の所得に応じてきまります。

f:id:taxjolly:20160203073345p:plain
*魔法の質問「あなたの所得税の税率は?」
 これでその人の所得がわかる!なぜなら所得によって税率が決まるから。でも、残念ながらふつうの人は税率なんて覚えていない(覚えていても教えないけどね)・・・

所得が大きくなればなるほど税率は上がっていきます。これが所得税でのお約束です。大きくなればなるほど、どんどん、どんどん・・・、どんどん上がっていくんですね。

税率のキザミは、5%、10%、20%・・・ときて、最高は所得が4,000万円を超えたときの45%。ということは、所得が1億円の人(!)の所得税は、最高税率だから、1億円×45%で4,500万円の所得税・・・とふつうはこうおもいます。でも、そうはならないんです。えっ、どうして? 最高税率は45%なんだよね?

■■■
なぜなら、超過累進税率だから

なぜ所得1億円の人の所得税が4,500万円にならないか? それは、所得税の税率が超過累進税率だから。超過(⇒超えた分だけ)累進する(⇒だんだん高くなる)税率構造なんですね、所得税は。

最高の45%にたどりつくまでに、5%、10%、20%・・・とそれぞれの段階があります。ある金額までは5%をかけて、それを超えてつぎの段階までの金額には10%を掛けて、それぞれの段階の税金を合計したものがその人の税金となるわけ。

f:id:taxjolly:20160203185550p:plain
 *それぞれの段階で、当てはまる税率を掛け算した合計が、その人の所得税

税率は、〝全体に〟かけるのではなく、〝段階に〟かけるのです。だから、所得が1億円でも、所得税は4500万円にはなりません。

で、結局所得1億円の人の所得税はいくらなの? 正解は40,204,000円。上のイラストにある段階ごとに、それぞれの税率をにかけてそれを合計するとその金額になるのです。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。