読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

義理と人情を秤にかけたら、義理が重たい日、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


■■■
義理と人情を秤にかけたら、義理が重たい日

我が家に小学3年生の娘がいます。その娘がボソボソなにやらつぶやいていました。バレンタインデーがどうのとか、友チョコがどうのとか・・・

父親としては聞き捨てなりません。さっそく尋ねます。「男の子にもあげるの?」すると娘は「う~ん、1、2個、義理チョコかな」

義理!? 浮世の義理は死ぬまでなんとやらといいますが、なんと小学3年生にしてすでに義理とは! 娘よ、これから人生は長いぞ。いや、それにしても、義理チョコというなら、ふつうもっと多くの人に配るとおもうんですけど・・・。1、2個だとかなり限定された相手ということになっちゃうよね・・・。それでも義理なのか?

まあいいや、と気を取り直して、「すると〇〇(娘の名)は、義理と人情を秤にかけたら、やっぱり義理が重たいとおもう?」 こう聞いたところ、案の定キョトンとしていましたとさ。

f:id:taxjolly:20160211170201p:plain
 *義理と人情を秤にかけりゃ、義理が重たい・・・



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。