社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

あなたはだれかの扶養親族になれたとしても、だれかとだれかの扶養親族にはなれない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


■■■
あるひとりを複数の人が扶養親族にすることはできない

たとえば、ひとつ屋根の下で暮らすこの家族の場合。

f:id:taxjolly:20160304070012p:plain

父は、自分の税金の計算をするときに娘を扶養親族とすることができます。でも、そうなったら母は娘を扶養親族にすることはできません。それができたら娘は二重に扶養親族になってしまいますので。税金の世界では、あるひとりを複数の人が扶養親族とすることはできないのです。扶養親族にして税金の控除を受けられるのは、ひとりだけ。



■■■
<現代版>大岡裁き 子争い

ある夫婦が娘をどちらの扶養親族にするかでもめていました。そこで、ふたりは大岡越前の奉行所で決着をつけることにしました。

大岡越前は言いました。「ふたりで娘の腕を引っ張りなさい。娘は勝った方の扶養親族だ」

ふたりは両手に分かれてそれぞれの腕を引っ張りました。ぐいぐい、ぐいぐい、ぐ~い、ぐい。でも、力いっぱい引っ張られた娘はたまりせん。大声で泣き叫びました。「痛い、痛い、痛い、やめてよ、やめてよ、やめておくれよ」

  f:id:taxjolly:20160306080114p:plain

そんな娘の様子を見て可哀そうになった母は、思わず手を放しました。娘は父のもとへ。「うっひょ~い、おれの扶養親族だ!」父が扶養控除等申告書に娘の名前を書き込もうとしたその時です。奉行所に大岡越前の声が響きました。「あいや、待たれい! 扶養控除を受けるのは、そなたではない!」

驚く父。静まり返る奉行所。大岡越前は、皆の視線をひしひしと感じながらこう言いました。「その娘は母の扶養親族だ。 扶養親族なら、扶養親族が痛いと叫んでいる行為をどうして続けられようか。これにて一件落着!」

   f:id:taxjolly:20160306080149p:plain

そう言い放つと、大岡越前はそそくさと帰り支度をし始めましたとさ。


■■■
所得の高い方の扶養親族とするのが有利

う~む、これぞ大岡裁き。めでたし、めでたし。とこういきたところですが・・・、ほんとうはどちらの扶養親族にするかは、ふたりの所得を比べるべき。比べて所得の高い人の扶養親族とするのがいいのです。

所得の高い人の扶養親族にすることで、そうでない場合に比べて控除される税金も多くなります。なぜなら、所得が高い人の方が税率も高いから。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。