読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

税金の時効は5年、ただし脱税にはきびしく7年になる、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


■■■
税金の時効は5年、ただし脱税にはきびしく7年になる

お客さんに「税金の時効って何年なの?」と聞かれることがあります。雑談の中でちょっとした話のタネ的に聞かれるぶんにはいいですけどね。でも、やけに真剣な表情で聞かれると、この人はいったい何を企んでる(?)んだろうとおもってしまいます。

それはともかく。税金の時効は申告期限から5年です。申告期限から5年経つと国税の徴収権は時効によって消滅します。

f:id:taxjolly:20160420075900p:plain

ただし、5年には「原則として」という枕詞がつきます。脱税に関連するときは、時効は2年間は進行しないことになっています。つまり、その場合の時効は 2+5 で7年。脱税にはきびしくということですね。

f:id:taxjolly:20160420080547p:plain

おっと、税金の時効の知識なんて皆さんには必要なかったかも知れませんね。でも、まあ話のタネとしていかが?



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。