読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

相続・相続税〇✕クイズ、の巻

相続・贈与など資産税編

町田市の税理士 高橋浩之 です。


■■■
相続・相続税〇✕クイズです

Q1.旦那が亡くなった。奥さんが遺産を相続しても相続税はかからない
f:id:taxjolly:20160523074246p:plain


Q2.生前にお墓を買っておくと相続税はすくなくなる
f:id:taxjolly:20160524194758p:plain


Q3.旦那が亡くなって妊婦の奥さんが残された。この場合の相続人は奥さんだけ
f:id:taxjolly:20160523075259p:plain




A1.
 f:id:taxjolly:20160524200408p:plain旦那の遺産を奥さんが相続。もちろん非課税ではありません。ただし、奥さんが取得した遺産には最低1億6000万円の非課税枠があります。結果、相続税を支払わない or 大幅に少なくなるケースが多いのです。

A2.
  f:id:taxjolly:20160524200421p:plain墓地や墓石には相続税はかかりません。現金をのこすとそれに相続税がかかります。でも生前にそのおカネでお墓を買っておくとその分は非課税に。

A3.
  f:id:taxjolly:20160524200416p:plain民法に「胎児は、相続に関しては、すでに生まれたものとみなす」という規定があります。ということで、設問のケース、相続人はふたり。
*ただし、相続税の計算においては、相続税の申告書の提出の日までにその胎児が生まれていないときは、その胎児はいないものとして取り扱います。その後、無事生まれたときに再度相続税の申告をやり直します(⇒通常は相続税が少なくなり、税金が還付されます)。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。