読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

ひとは絶対に死ぬから終身保険の保険料は経費にならない、の巻

会社にまつわる税金編

町田市の税理士 高橋浩之 です。


経費になるか、ならないか。これは利益を左右し、税金の額を左右します。会社にとって大きな問題ですね。

経費になるかならないかは、その支払いが払いっぱなしかどうかにかかっています。ある支払いが払いっぱなしで、戻ってくることがなければ経費。そうでなく、なんらかの形で戻ってくるのであれば経費にならない。こういうことになっています(その前に、会社の事業に関係していなければいけませんけど)。

■■■
期間のきまっていない生命保険料は経費にならない

ひとが死んでおりる生命保険には、ふたつ種類があります。期間がきまっている保険と期間がきまっていない保険です。

期間がきまっていない保険は、無期限。いつ死んでもOK。死ぬまで有効です。ひとは絶対に死ぬ(⇒この事実は重要です)ので、保険金も絶対におりる。これは、保険料は払いっぱなしではないことを意味します。ですから、このタイプの保険の保険料を、会社でいくら支払っても経費にならないんですね。

f:id:taxjolly:20160825074529p:plain
 *終身保険の保険料は経費にならない

■■■
期間のきまっている生命保険料は経費になる

では、期間のきまっている生命保険の保険料は? いつからいつまでと期間がきまっていて、その間に死ねば保険金がおりる保険です。うまく(?)その期間内に死ねば払いっぱなしになりません。でも、そうでないと払いっぱなしになってしまう。

ひとは絶対に死ぬけど、いつかはわからない。保険料が払いっぱなしにならないと確約されているわけではない。ということで、会社が支払うその保険料は経費です。

f:id:taxjolly:20160825203332p:plain
 *定期保険の保険料は経費になる


ふたつのタイプの生命保険。最初のタイプを終身保険。あとのタイプを定期保険といいます。それぞれの保険料は支払い時に、
 ●終身保険⇒経費にならない
 ●定期保険⇒経費になる(ただし、経費になる時期には、いろいろなパターンあり)



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。