社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

見た目重視の外形標準課税(外見標準にあらず)、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


■■■
中身ではなく、見た目に税金がかかることがある

見た目のことを、外見とか外形といったりします。税金は見た目よりも中身重視。中身とはつまりどれだけ利益がでたか。税金は、中身に対してかかるのが大原則です。ところが赤字会社への課税強化の名のもと、まれに中身ではなく、見た目を重視することがあるようでして・・・

ラジオの国会中継から、外見標準課税、外見標準課税と聞こえてきました。発言の主は某党の幹事長。でも、残念ながら外見(がいけん)標準課税というのはないんですね。あるのは、外形(がいけい)標準課税です。
最初は聞き違いかとおもいました。でも何度か繰り返していたので、間違いないはず。たしかに〝がいけん〟標準課税って聞こえたなぁ。f:id:taxjolly:20161001101717p:plain


■■■
資本金の額・給与、家賃に税金がかかることがある

会社の見た目の大きさに税金がかかることがあります。その名は外形標準課税。

見た目の大きさを何で測るかというと、まずは資本金。資本金は会社の見た目の代表格ですからね。それから社員や事業所などの数。これらも会社の見た目に大いに関係します。社員や事業所の数は、給与、家賃の支払額となって現れます。

f:id:taxjolly:20161001111326p:plain
 *外形標準課税説明のようす

資本金の額・給与、家賃などの支払額に税金がかかることがあります。その名は外形標準課税。

外形標準課税は、利益以外の要素にかかるため赤字会社にも課税があります。

■■■
99%の会社に関係ない

ところが、この外形標準課税、実際のところほどんどの会社には関係ないんですね。関係あるのはおよそ1%の会社だけ。じつは、資本金が1億円以下の会社は外見標準課税がされないから、なのです。

f:id:taxjolly:20161001111613p:plain
 *資本金1億円以下の会社に外形標準課税は関係ない

資本金1億円以下の会社は全体の99%。それらの会社はひとまずひと安心(?)というわけです。ただし、国には1億円という基準を下げようという野望(⇒外形標準課税の対象となる会社を増やす)があります。赤字会社への課税強化ということで、この件はこれからもくすぶりつづけるでしょう。今後のゆくえに注目ですね。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。