読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

となりの芝生は青い、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


■■■
「どういう業種の会社が景気いいんですかね?」

お客さまとの雑談の中で、「どういう業種の会社が景気いいんですかね?」なんて話の流れになることがあります。答えはきまっていて、それは、業種は関係ないということ。景気がいいとされている業種の中にも赤字の会社はあるだろうし、不況業種でも黒字の会社もあるはず。

要は、業種に関係なく、その会社次第──、でも、そういったら元も子もないし、やっぱり他の業種は気になります。となりの芝生は青いときまっていますからね。

■■■
コツコツと地道に本業の道をあゆむのはいちばん(?)

気になって気になって、その気持ちがおさえきれなくなった会社が異業種に進出します。本業でない商品やサービスを扱うようになる。先日お伺いしたお客さまの周辺に、そんな会社(→本業でない商品を取り扱った会社)があったそうです。

ところが、残念ながらその本業でない商品の取り扱いはうまくいかなかった。本業にはもちろんノウハウがあっても、畑違いのモノを扱うときはそうもいかない。本業を圧迫して、その後遺症にいまも苦しんでいるそうです。

その場では、地道に本業に精を出すのがいちばんだね。コツコツとさ。拡大しない勇気というか、そこにとどまる勇気も必要だよね。こう話はまとまりました。

f:id:taxjolly:20161210145611p:plain
男:どうだこれ? ホレ、どうだどうだ、ホレホレ、これ。
女:・・・地道にいこうよ。
こう言われちゃ、元も子もありませんな。


まあ、でも、これはほんとうにむずかしい。実際に他業種に進出して成功している例もあるわけですから。世の中への変化の対応ということもありますし。

他業種に進出することが、吉と出るか凶と出るかはその会社次第──なんですかね。あれれ、やっぱり行きつく先はそこか・・・



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。