社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

源泉徴収税額がかわります─2017年─の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


■■■
2017年から給与所得控除が下がる=源泉税が上がる

給与をもらっている人たちは、確定申告や年末調整のときに給与の人特有の控除をうけることができます。給与所得控除といわれるもので、職業や年齢、性別に関係なく年収に応じて一律にきまります。

f:id:taxjolly:20170107110023p:plain
 *給与所得控除は、年収によって一律にきまる

この給与所得控除が2017年(平成29年)から引き下げられるんですね。控除が下がるというとは、税金が上がることを意味します。ということで、給与から天引きされる源泉税が上がります。いつから? 2017年1月の給与から、です。

f:id:taxjolly:20170111183123p:plain
 *2017年1月から、控除が下がり源泉税が上がる・・・


■■■
月収およそ83万円を超える人の源泉税が上がる!

ただし、みんながみんな源泉税が上がるかといえば、さにあらず。じつはおおくの人には影響はないんですね。給与所得控除が下がるすなわち源泉税が上がるのは、年収1,000万円超、月収になおすと83万3千円を超える人たち。それ以下の人たちの源泉税は今までとかわりません。

f:id:taxjolly:20170111183958p:plain
 *源泉税が上がるのは、月収83万3千円を超える人たち。それ以外の人は以前と同じ。

給与計算をする人の立場からすると、間違いがあってはいけません。心がまえとしては全員変わるんだというくらいの気持ちが必要。そのためには、2017年1月の給与からは、「平成29年分 源泉徴収税額表」を使用する。←これで間違いなし!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。