読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

タワーマンションの固定資産税は40階で10%がつくようになる、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
タワーマンションの節税にメスが入った

f:id:taxjolly:20170117082531p:plain

2017年度(平成29年度)の税制改正で、タワーマンションの節税にメスが入りました。といっても現時点(2017年1月)ではっきりしているのは、固定資産税の税金のかけ方を変えましょう、ということだけですけど・・・

タワーマンションは高層階のほうが眺めもよく、価格は高い。低い階の価格は相対的に低い。でも、床面積がおなじなら高い階も低い階も固定資産税はおなじ。←この不公平(?)を是正しようというのが今回の改正なんですね。つまり、価格の高い高層階の固定資産税は高く、低層階の固定資産税は低く、というわけです。

■■■
固定資産税は40階でちょうど10%の差がつくように

具体的には、1階あたり約0.26%固定資産税を高くしていき、40階になるとちょうど10%の差がつくように調整するという中身です(0.26%×40≒10%)。

実際の価格差からすると、40階で10%の差というのは小さい気がしますね。しかも、こうなるのは、2018年(平成30年)以降に引き渡される新築タワーマンションから。つまり、すこし先の話。いまあるタワーマンションには関係ありません。

これでタワーマンション節税にメス? ←こんな感想の中途半端な印象です。でもまあ、2018年以降に新築タワーマンションの高層階、とくに最上階に住む予定のある人(!)はご記憶を。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。