読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

青色申告取り消しの物語、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
青色申告は不祥事があると取り消される

青色申告という制度があります。個人事業主の青色申告が有名ですよね。でも、じつは、法人にも青色申告はあります。どちらも税金の世界で優遇をうけられる制度。いくつか要件があって、きちんと帳簿をつけているというのもそのひとつです。

優遇制度なので、なにか不祥事(?)を起こしたら青色申告が取り消しされてしまいます。その結果、税金が増えてしまうことも・・・

■■■
2回連続の期限後申告で取り消される。ただし・・・

その不祥事に、申告を怠ることがあります。決められた期限を過ぎてから申告をする。期限後申告といわれるものです。期限後申告をすると、青色申告が取り消されます。そうはいっても、1回だけならたまたまのこと(?)もある。2回連続期限後申告をすると取り消しますよ、ということになっています。


f:id:taxjolly:20170205074646p:plain


ただし、2回連続期限後申告で青色申告が取り消されるのは、法人のみ。個人事業主には無縁のお話です。個人事業主には、2回連続して期限が遅れたらダメ、という決まりはないんですね。

■■■
個人事業主、取り消しはなくても損なことはある

ということは、個人事業主は毎年毎年必ず期限を遅れて申告しても、それが理由で青色申告を取り消されるということはありません。でも、だからといって「よしっ、じゃあこれからは安心して期限後申告だ! 3月は税務署は混むからな」←こういう考えは危険ですよ。

個人事業主には65万円を差し引ける青色申告特別控除という制度があります。これは期限内の申告が要件なんですね。つまり、期限後申告のときはそれがうけられなくなる。また、無申告加算税というペナルティもあります。

青色申告取り消しの心配はないけれど、損なこともいっぱいある。期限後申告はよくない。当たり前のことですが、個人事業主も期限後申告などなさらぬよう。

    f:id:taxjolly:20170205082244p:plain



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。