社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

アパートを建てて相続税を安くしよう!という人が多くて建築ラッシュになった、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
アパート建築ラッシュの裏にあるのは相続税の増税

全国的にアパートの建築ラッシュが続いています。その背景にあるのは相続税の課税強化。2015年から相続税が増税されたので、その対策にアパートを、というわけです。

たとえば、1億円のキャッシュと評価額1億円の土地をもっている人がいます。そのままでは、その人の遺族には合計2億円に対する相続税がかかります。

f:id:taxjolly:20170219130150p:plain
 *1億円のキャッシュと1億円の土地に対してストレートに税金がかかる

ところが、1億円のキャッシュで、その土地にアパートを建てると・・・

■■■
1億円のキャッシュで、その土地にアパートを建てると・・・

1億円かけて建てたアパート。税金の世界での評価額はグッと下がります。しかも、アパートは他人に貸すのでさらに下がる。結果、1億円で建てたアパートなんだけど相続税がかかるのは、なんだかんだで、およそその半額。

なににも使っていない土地(つまり更地)の評価を100とすれば、誰かに貸している土地のそれは下がります。現に借りている人がいる以上、まったく持ち主の自由にはできませんからね。アパートの敷地であっても同じこと。アパートの敷地の評価額は、更地のときに比べてグッと下がる。

アパートと土地の評価がそろって下がる。それにより相続税の大幅な軽減が見込まれるというわけ。←こんな効果を相続税を気にする人は狙っているんですね。

f:id:taxjolly:20170219130346p:plain
 *アパートの評価と土地の評価がそろって下がる

■■■
アパートに空室があると・・・、効果

ただし、せっかく建てたアパートが埋まらず空室があると、空室がある分だけ、相続税の軽減効果がマイナスされてしまうんですね。建築ラッシュということは、裏を返せば供給過多。相続税の軽減をもくろんで、アパートを建てたはいいけれど・・・、などとならぬよう慎重な検討を。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。