社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

(珍説)読書を途中で頓挫しない法=仕事に入る前にグダグダしない法、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
おもしろくなってきたところで中断すれば頓挫しない

たとえば小説。途中で頓挫しないで最後まで読み切る秘訣を知っていますか? ──それは、興の乗ったところで読むのをやめること。おもしろくなってきたときにやめるのは勇気(?)がいるところです。でも、そこでやめる。そうすれば、次回読み始めるのが楽しみになる。結果、途中で放り投げることなく最後まで読み切れるというわけ。

f:id:taxjolly:20170407063338p:plain
*読むのを中断するのは、このタイミングがベスト←次回の読み始めが楽しみになる!

逆によくないのが、つまらなくなったところで本を閉じること。こうなりがちですけどね。でも、そこはなんとかがんばって、おもしろいところまでは読み続ける。つまらないところでやめると、次回読み始めるときの心理的負担が高くなってしまいます。結果、そのまま本棚の肥やしになる可能性が高まる・・・。

■■■
おもしろくなってきたところで中断→仕事に応用してみる

これを仕事に応用してみましょう。仕事に入る前になんとなくグダグダすることありますよね。ネットニュースを見たりして。

そうならないために、前日に仕事を全部終わらせずに、すこしだけ残しておく。翌日新しい仕事を一から始めるのではなく、前日のつづきにすこし手を加えれば完成。こういう状態だけにしておく。←これだと、仕事が完了が目の前にあるので、グダグダせずにとりかかれるとおもいませんか? とっかかりの心理的負担はすくないような気がします。

その日のことはその日のうちに終わらせるのが、王道。そういう意味からすると珍説かも知れませんが・・・、たまに実行しています。

f:id:taxjolly:20170328065526p:plain
 *明日、あれをやって完了




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。