読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

借金あるのいやいやしゃ(無借金経営に死角はない?)、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。



 f:id:taxjolly:20170408084239p:plain

無借金経営。この言葉にあこがれる社長は多い。借り入れがなければ、借金返済する必要ないからな(←当たり前ですね)。いつかはなりたい無借金経営──。

ふつうはいいことのようにおもえる無借金経営。でも、ほんとうにそうなのか。会社に借金がないことはいいことなのでしょうか。無借金経営に死角はないのでしょうか。

■■■
無借金経営に死角はないのか

あなたの会社には借り入れがない。これはあなたの会社が、おもに預金することでしか銀行とつながっていないことを意味します。そんなあなたの会社がよんどころのない事情で借り入れが必要になった。

突然借り入れの相談をうけた銀行の反応はどうでしょうか。なんかよくわかんない会社から借入の申し込みがあった。←こう思われて、いい対応をしてもらえない可能性が高い・・・。でも、現に借り入れをしていて、定期的に決算報告をしている先の銀行なら、そんなことはない。

■■■
銀行とつながっておくための借入(?)

世間では、つき合いで借り入れをしておく、なんて言い方をすることがあります。とくに必要はないんだけど、銀行とつながっておくためにお金を借りておく。こんなニュアンス。

いまはお金はいらない。でも、いざ資金が必要なときのことを考えて、借りておこう。つき合いがあれば、本当にお金が必要になったときに声をかけやすいからな。知らないところより、知っている先から声をかけらたほうが、銀行だって動きやすいだろうし。それに、手元にキャッシュがあるのはわるいことじゃない・・・。

借金がなくてもやっていける体力をつけるのは、大いに結構。でも、こんな考え方 だってあるんです。


<借金に関する格言>

まんが家の西原理恵子さんが、モチベーション維持の秘訣を聞かれて、
〝借金があること〟
f:id:taxjolly:20170408084320p:plain



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。