社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

2020年を目途にホニャララ。2020年はなんでもありの年⁈ の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
2020年を目途にホニャララ

最近、とくに新聞などで「2020年を目途にホニャララ」というフレーズを見かけますよね。それらが実現したとすると──、

2020年には、純粋な税収と支出の収支が±0になり、
2020年には、憲法があたらしくなって、
2020年には、ドローンで宅配便が届き、
2020年には、毛髪再生医療の発達で、ハゲ・薄毛の悩みがなくなり、
2020年には、一般道路での車の自動運転が可能になる。
こりゃすごい、とおもっていたら、なんと──、
2020年には、トヨタの車が空を飛ぶ(らしい*)。
 *「空飛ぶクルマ」離陸 20年の実用化目標(2017.5.14日本経済新聞一面)

 f:id:taxjolly:20170523071107p:plain

──およそ人間は、〆切があるから動く。昨今しばしば使われる節目は、2020年の東京五輪・パラリンピックだろう。(中略)数字の並びもいいので好都合なのだ──。(2017.5.10日本経済新聞のコラムから)


2020年は、大きな出来事の〆切の年になりやすいというわけ。さすが、節目の2020年!

■■■
あっという間に2020年はやってくる⁈

でも、ちょっと待った。人間は〆切があるから動く。これは真実でも、〆切が近づかないと動かないのも人間の性。中には〆切が来てから動くという豪の人(?)だっている!

もちろん大きな出来事に関わることは、〆切間際であわてて手をつけるなんてことはないはずです。でも、時の経つのは早い。東京オリンピックが決まったときの都知事はもういない。そのつぎの人だっていない。

決まった当時は、2020年なんてまだまだ当分先のようにおもえましたよね。それが、もう3年後。現実的な年数です。遠い未来でない。このままだと、あっという間に2020年はやってくる!

f:id:taxjolly:20170525075931p:plain
 *もちろん、ある日突然やってくるわけではないけれど・・・




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。