社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

社長の割合が日本でもっとも高いのは、港区、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


「港区歩けば社長に当たる?」〝10人に一人の割合〟 新聞でこんな見出しを見かけました。おっ、これはすごい。なんと、東京の港区では歩いている人の10人にひとりが社長⁉

f:id:taxjolly:20170917131232p:plain
*それよりも社長の割合が多いのは、夜の繁華街。10人にひとりどころじゃない!なんと!歩いている人のほぼ全員が社長⁉(今時こんな古典的な呼びかけをしているんだろうか?)

■■■
よく読むと、人口に占める割合が10人にひとり

それにしても歩いている人が社長かどうかなんて、なんでわかるの? いちいち聞いたんかいな。こう思ってよく記事を読んでみると──、人口に占める社長の割合でした。歩いている人に占める割合ではなく。そりゃそうだよな。でも、なんとなく、カン違いさせる見出しですよね。

ということで、港区での人口に占める社長の割合は、9.9%。港区民は10人にひとりが社長というわけ。これは、東京23区でナンバーワンです。東京23区で一番だと、おそらく東京でも一番。東京で一番ということは、これまたおそらく日本でも一番。日本で一番社長が住んでいる割合が高いのが、東京都港区なんですね。

ちなみに、割合でなく、数だと世田谷区のおよそ3万9千人が東京23区のナンバーワンでした。

f:id:taxjolly:20170917134114p:plain
 *一歩先行く呼び込みは、社長ではなくCEOと呼びかける。「よっ、CEO!」



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。