社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

税金支払ったほうがいい、は白ける話? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
税金払ったほうがいいは、白ける話?

会社に利益がでそうだ。税金のことが気にかかる。いったいいくらの税金を払うことになるんだい? どうにか減らしたいなあ。

そんな気持ちの社長にお話しすることがあります。税金を支払うのは、まあ喜んで、ということにはなりませんけど、税金を払いたくないだけで無理にお金を使うのはよくないです。目先の節税で得したようでも、ちょっと長い目でみれば、じつは損した、なんてことは多いですから。利益をしっかり出す。税金を支払う。このほうが会社に残るお金は多い。それが会社のため。

こういった考えの税理士はたくさんいます。でも、社長にそんな話をして白けた雰囲気になったと、ある同業者がこぼしていました。社長の気持ちを推察するに──この人(税理士のこと)は何言ってくれちゃってるんだろうね。税理士なんだからまず節税でしょ。税金払ったほうがいいなんて、白けること言わないでよ──と、こういうことなんでしょうかね。

f:id:taxjolly:20171127074035p:plain
 *ははあ、表に出てこない節税ですか。それは、なにやらよからぬことのような気がするね。

■■■
実例。もっとも多くの税金を支払う会社が・・・

税理士さんはそう言うけど、それは税理士の発想。みんななにかしら節税対策してるみたいじゃん。うちだけしないのは、乗り遅れるような気がするんだ。──そういった気持ちはわからないではありません。でも、こんな実例も。

わたしの事務所のお客さんで、もっとも多くの税金を支払う会社。その会社が、もっとも多くの手元現金を持っています。その社長は、節税にあまり興味がないようにみえます。口では「税金が高い」とぼやくことはあるけれど、よくある節税対策に手を出すことはしない。もちろん知らないのではなく、よく仕組みを理解したうえでそういう判断をしています。

f:id:taxjolly:20171125143326p:plain
 *もっとも多くの税金を支払う会社が、もっとも多くのキャッシュを持っていた!

利益を出して税金払ったほうがお金は残る。そんなことは誰にでもわかりきったこと。でもそんな当たり前のことをするのには、じつは勇気がいることかもしれませんね。


*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。