社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

会社債権者はどっちだ⁉ の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
鬼はどっちだ⁉

鬼ごっこってありますよね。子どもの頃よく遊びました。今はやりませんが。───さて、ここで問題。鬼は逃げるほうでしょうか? それとも追いかけるほう? 今、大人になって、急にそう問われたら、どっちだったかいな。よくわからなくなりませんか。

f:id:taxjolly:20180516080219p:plain

■■■
会社債権者はどっちだ⁉

会社法には、債権者保護なる考え方があります。守るべきは、会社債権者。

会社には、お金を支払わなければならない相手と、逆にこちらがお金をもらえる相手がいます。仕入先と売上先です。

「会社債権者」といったら、それはどっちのこと? 急にそう問われたら、どっちだったかいな。一瞬迷います。仕入先かな。それとも売上先か。

f:id:taxjolly:20180517071914p:plain

■■■
債権者はどっちだ⁉

債権者とは、債権を持っている人のこと。こう考えればOK。登場人物のうち、債権を持っているのは、その会社と仕入先です。債権者の候補は2社。でも、自分のことを債権者なんて言わない。ましてや、債権者保護で自分を保護しない。つまり、「会社債権者」といったとき、当てはまるのは仕入先。その会社がお金を支払わなければならない相手のこと、なんですね!

会社は減資(資本金を減らすこと)をするときは、債権者保護手続きをとらなければなりません。具体的には、減資するから文句があったら言ってね、と債権者に伝える必要があるのです。

減資をすると資金が株主に流れてしまって、債権者への支払いに支障が生ずる可能性があります。そこで、会社法は、債権者を守るため、減資の際は債権者が異議を述べる機会を与えているのです。

f:id:taxjolly:20180517072402p:plain
*追いかけるほうが鬼、ですよね。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。