社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

消費税率アップ前の駆け込み購入はお得? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
税率アップ前の駆け込み購入はお得?

2019年10月から消費税率が上がります。税率が上がるということは、その前にしておくことがありますよね。そう、必要なものなら買っておくこと。いわゆる駆け込み購入です。同じものが1日違えば2%分上がります。その前に買っておいたほうが得に決まっている・・・でも、じつは会社の場合は必ずしもそう言い切れないようで───

消費税の原則的なしくみは、つぎのとおりです。

f:id:taxjolly:20181115111503p:plain

ということは───会社は「預かった消費税」から「支払った消費税」を差し引いた残りを税務署に納めればいい! ←これが消費税の原則なしくみ。

■■■
原則的には、会社は消費税で損もなければ得もない

このしくみを消費税率が上がる場面に当てはめてみましょう。駆け込み購入で、他の業者への支払いが8%消費税で済んだときは、その8%を差し引いた残りを税務署へ納めます。一方、駆け込み購入をしないで、他の業者へ10%消費税を支払ったときはどうでしょう? 業者へは10%の消費税を支払ったけれど、その10%は税務署への納付から差し引くことができる!

つまり、少なく払えば少ない控除、多く払えば多い控除というわけ。どちらにしても会社からでていくお金の量は同じ。したがって───会社は消費税で損も得もしない⁉

そのとおり。消費税の原則的なしくみの中にいるかぎり、得もしなければ、もちろん損もしない。これが消費税のしくみなのです。ですから、その限りにおいては税率アップ前の駆け込み購入が得ということはないんですね。

f:id:taxjolly:20181115114444p:plain
*「今日中になんとか買っておかなきゃ!」走れメロス。会社の場合は、こんな駆け込みは不要。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。