社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

会社にとっては将来もらえるお金(売掛金)は多いほうがいい? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
会社にとっては、売掛金は多いほうがいいですよね

会社には売掛金なるものが発生します。

売掛金───売上代金の未回収金のことですね。売ったけど、まだもらっていない。これからもらえるお金、それが売掛金です。売掛金は会社の資産になります。

ということは、売掛金は多いほうがいいですよね。だって、お金がもらえる権利だから。売掛金があれば、将来お金がもらえる。それは多いほうがいい・・・でも───

もし、あなたの商売が、払ってからもらう商売だったらどうでしょう。典型的にはモノを売る商売です。買って(支払って)から、売って代金をもらう商売。

f:id:taxjolly:20190202133553p:plain
*”もし”というか、実際はこういう商売が多い

■■■
売掛金が多くなると商売が続かない

この商売で売掛金が多いということは、支払いのためのお金も多く必要だったということ。んっ? 支払いはいつでしたっけ? そう、お金はもらう前でしたね。ということは、売掛金が増えていくと───支払いばかりが先行するわけで、お金が続かなくなります。お金が続かなければ商売が続かないじゃないか!

f:id:taxjolly:20190202142019p:plain
*それに、売掛金は ”絶対に間違いなく” もらえるとは限らない。相手方の倒産などでもらえなくなるなることだってある。


売掛金はお金をもらえる権利。こう考えるとあったほうがいい(あるいはあったっていい)ように思えるけど、そうではないようでした。会社の売掛金は多くないほうがいいんですね。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。