社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

税率はあなたの意思表示で決まる! の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


今年10月から消費税は複数税率になります。標準税率は10%で、飲食料品は8%です。でも、飲食料品からは外食は除かれる。ということは、

─── 外食か否か? ───それが10%と8%の分かれ道。

■■■
ファストフード店では?

定番の質問「お持ち帰りですか。店内でお召し上がりですか」。外食かどうかは、これに対する答で決まります。あなたが「持ち帰りで」と答えれば、それは外食ではない。

f:id:taxjolly:20190430104403p:plain
f:id:taxjolly:20190430105323p:plain
*「持ち帰り」は外食にならない!

■■■
コンビニのイートインでは?

たとえば弁当。これをイートインコーナーで食べれば外食。一方、自宅で食べれば外食にはなりません(当たり前ですね)。でも、コンビニでは、ファストフードのように聞いてくれません。店員は黙して語らず。業界では「店内飲食の場合は、お申し出てください」との張り紙をして、会計のときに申し出た場合にのみ外食扱いをする方針のようです。

f:id:taxjolly:20190430104427p:plain
f:id:taxjolly:20190430104856p:plain
*「イートインで」この一言が税率10%への引き金だ!

◆ ◆ ◆

ファストフード、コンビニのイートイン。どちらも税率は、お会計のときのあなたの意思表示によって決まります。たとえ意思表示とその後の行動が違ったとしも───それは単に「気が変わった」だけのこと。あくまで、販売時に税率が決まるので、のちのち差額を精算なんてことはありません。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。