社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

税率は、納品・引き渡し・完了などの事実によって決まる!の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


消費税率が10%になるのはいつでしょう? もちろん、今年の10月つまり、2019年10月1日からですよね。ということは、その日以降に出す請求書から10%にすればいいのかな?

いやいや、そうではありません。税率は、納品・引き渡し・完了などの事実によって決まるのです。具体的には───

■■■
<モノを売る場合>

2019年10月1日以降に納品する分から10%になります。もちろん、8%時代に仕入れたものでも、です。いつ契約したか、いつ請求したか、いつ売上代金の入金があったかは、税率に関係ありません。

ただひたすら、納品の日だけ注目してください。2019年9月30日までの納品なら8%、10月1日以降の納品なら10%です。

f:id:taxjolly:20190711080114p:plain
*モノを売る場合の税率は、納品の日で決まる!

■■■
<工事などの請負の場合>

2019年10月1日以降に相手方に引き渡した分から10%になります。いつ契約したか、いつ着工したか、いつ完成したか、いつ請求したか、いつ売上代金の入金があったかは、税率に関係ありません。

ただひたすら、相手方に引き渡した日だけ注目してください。2019年9月30日までの引き渡しなら8%、10月1日以降の引き渡しなら10%です。

f:id:taxjolly:20190711080346p:plain
*工事など請負の税率は、引き渡し日で決まる!


■■■
<サービスの提供の場合>

2019年10月1日以降に仕事が完了した分から10%になります。いつ契約したか、いつ着手したか、いつ請求したか、いつ入金があったかは、税率に関係ありません。

ただひたすら、仕事が完了した日だけ注目してください。2019年9月30日までの完了なら8%、10月1日以降の完了なら10%です。

f:id:taxjolly:20190711080601p:plain
*サービス提供の税率は、仕事完了の日で決まる!

◆ ◆ ◆

10月以降の請求でも、税率が10%にならないことはいくらでもあります。税率判定の原則───納品・引き渡し・完了などの事実によって決まる───をお忘れなく。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。