社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

売上を単なる数字としてみない。そんな会計事務所になりたい、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
プロ野球選手はいい商売(?)

むかしむかしあるテレビ番組で、こんな企画が。───プロ野球選手の年棒を "ある数字" で割って、1単位あたりの金額をだす。 "ある数字" とは、打者なら年間打数、投手なら年間投球イニング数、野手なら年間守備機会です。つまり、1打席あたりの年棒、1イニングあたりの年棒、1プレーあたりの年棒を算出したというわけ。

1回打席に立つだけでホニャララ円。1イニング投げるだけでホニャララ円。1回守備しただけでホニャララ円。そんなにもらえるのね。プロ野球選手とは、まったくもっていいご商売で・・・。とこんなニュアンスが感じられました。

■■■
それはプロ野球選手に失礼だ!

いやいやいや、それはとても失礼です。もちろん、プロ野球選手に対して。1回打席に立つ。1イニング投げる。1回打球をさばく。そのためにどれだけの時間をかけて練習し、自分を磨いてきたか。表面的なところだけみて、その裏にあるものをまったく無視している。お遊び企画だろうけど、妙に腹が立った記憶があります(プロ野球選手でもないのに)。

f:id:taxjolly:20190824112132p:plain
*その1打席、1イニング、1守備機会。それぞれの時間は短い。でも、裏には、その何十倍、何百倍の時間をかけた自己鍛錬があるのだ!

■■■
売上には、さまざまな要素でできているはずだ

表面的なところだけをみるのはよくないな、と思います。でも、私たち会計事務所には、表面的なところしかみえません。たとえば、売上高。売上高という数字はみえる。それはみえても、その売上をあげるために、会社がした苦労、工夫、思いはみえない・・・

みえないのはしようがないかもしれません。でも、その売上は───社長をはじめ社員のさまざまな苦労、工夫、思いによってできている! それを忘れない会計事務所になりたい。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。