社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

税務署から表彰される制度あり。その名は “優良申告法人の表敬” の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


税務署から表彰される制度があるのをご存知ですか。その名は───

■■■
その名は、優良申告法人の表敬

初めて優良申告法人の表敬を受けるためには、3つのハードルがあります。ひとつは金額基準をクリアすること。税務署の表敬なので、もちろん基準となる金額は税金の額です。決まった金額以上の税金を支払っている必要があります(当たり前ですかね)。

そのハードルをクリアすると、今後は税務署がやってきて実地に会社の調査をします。その調査で多くの追徴税額が出たらダメ(当たり前ですかね)。これがふたつめのハードルです。

3つめは、税務署による推薦(?)です。税務署が推薦、兄貴分の国税局がOKを出して晴れて優良申告法人として表敬されるというわけ。表敬状は税務署長から手渡しされます。郵送されてきておしまい、なんてことはありませんよ(当たり前ですかね)。

そんな優良申告法人、東京国税局管内で表敬されているのは年間130社程度とのこと。これは、かなり狭き門ですね。・・・なになに? そんなことより、税務署から表敬されたら何かいいことあるのか、だって? もっともな疑問です。でも、お察しのとおり、特にいいことはないものを思われます(当たり前ですかね)。

f:id:taxjolly:20191126200522p:plain
*こんな1日税務署長が表彰してくれるならいいけど・・・。そんなことはありません(当たり前ですかね)。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。