社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

「前略 社長様」より「今月のことば」の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


わたしの事務所では、毎月、事務所通信「前略 社長様」を発行しています。その冒頭には「今月のことば」。いわゆる名言集の類ではなく、聞いた言葉、読んだ本の中から金銭に、もとい、琴線に触れた言葉を紹介しています。最近では───


■■■
ゆっくり歩いて遠くまでゆこう
─────森覚志(森伊蔵酒造 第五代当主)
*日経新聞日曜版「NIKKEI The STYLE」より。焼酎のプレミアム銘柄「森伊蔵」は先代である父の実名。会心の焼酎ができたとき、その命名を “本人が反対したから” 父の名を冠したんだとか。


■■■
何ができないのかではなく、あなたに何ができるのかを教えてちょうだい
────緒方貞子(元国連難民高等弁務官)
*亡くなられた翌日、事務所へ向かうカーラジオで。


■■■
昼間見た夢は、かなう
────服部真二(セイコーホールディングス株式会社代表取締役会長)
*日曜日、見るとはなしに見ていたテレビから。番組は、社長のお昼ご飯を紹介するものだったような・・・(詳しいことは覚えていません)。


■■■
他人にどう言われようが、他人にどう見られどう評価されようが、たとえ裸になってでも自分が信じた道を歩く。
────山口絵理子『裸でも生きる─25歳女性起業家の号泣戦記─』より


■■■
短所を改めんがために大苦しみするよりも、短所に大あぐらをかいて長所をのばすほうが、急務だ。
────司馬遼太郎『関ケ原』より


■■■
御思案のあいだならば、左右前後のことをお考えあそばすのは当然なれど、いったんお覚悟あそばれたる以上、物にお怯えなさるべきではござりませぬ。
────司馬遼太郎『国盗り物語』より


f:id:taxjolly:20191202113342p:plain
*んっ? 良いものや、素晴らしいものに触れて感銘をうける? それなら “金銭に触れる” でもよさそうなもんだ。いやいや、もちろんこれも誤用(誤字)です。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。