社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

2020年、税金の納付方法の常識がかわる⁉ の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


今年(2020年)は、税金の納付方法の常識が大きくかわる年になりそうです。

■■■
電子納税なる仕組みが格段に便利になった!

決算が終わると、会社はいろいろな税金を納付します。幾通にもおよぶ税金の納付書を持って銀行へ行き、窓口で納付する。これが今までスタイルでした。

f:id:taxjolly:20200116093907p:plain
*税金の納付書は最大5通。銀行窓口で納付するのが今までのスタイル。


それが、銀行へ行く必要がなくなった。電子納税なる仕組みが、格段に使いやすくなったんですね(*)。じつは、今までも、その仕組みはありました。でも、税金の種類によってはできないものがあり・・・結局、銀行の窓口で全部まとめて納付するのが手っ取り早かったのです。

(*)昨年の10月からです。

■■■
具体的なイメージは?

具体的なイメージです(一例)。

f:id:taxjolly:20200118162003p:plain
*税金の納付日を決める。
f:id:taxjolly:20200117074545p:plain:w25

f:id:taxjolly:20200118162024p:plain
*電子申告。
続けて、さきほど決めた税金の納付日も送信。
f:id:taxjolly:20200117074545p:plain:w25

f:id:taxjolly:20200118162037p:plain
*納付指定日に、あらかじめ指定した口座から税金が自動振替

◆ ◆ ◆

この仕組みを利用するためには、事前に、税務署と銀行への届出が必要です。もちろん届出は、最初の1度きり。時間をかけて銀行へ行って、混雑時には待たされて・・・。そのようなことからは解放されます。ぜひぜひ、ご検討を。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。