社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

全世界所得課税で二重課税を排除する方法、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
全世界所得課税で、二重課税になる

日本の会社に対する課税は、全世界所得課税です。日本だけでなく、世界中のどの国での稼ぎに対しても日本の法人税がかかります。


↓↓ 関連する記事 ↓↓
blog.takahasikaikei.com


この全世界所得課税が思わぬ波紋を広げます。たとえば、日本の会社がアメリカに支店を出すと───アメリカ支店の利益には、全世界所得課税により日本の法人税がかかり、さらにアメリカも税金をかけてきます。アメリカにとっては、自分の領土内での利益ですから当然です(稼ぎの源のある国が課税するということで、源泉地国課税といいます)。

f:id:taxjolly:20200805073113p:plain
*日本企業のアメリカ支店の利益には、日米双方で税金がかかる!


これは二重課税です。放置したら、日本企業の海外進出の妨げにもなります。どうにかしなくちゃ。ということで、そのような二重課税は、排除することになっています。

■■■
二重課税を排除する方法

排除を行うのは日本。日本で納める税金から、外国で納付した税金を控除します。たとえば、全世界所得課税による税金が1000として、外国で税金を600納めているなら、日本で納付するのは、のこりの400でいいよというわけです。なるほど、これなら二重課税にならない。

一件落着です。日本の会社にとっては、この仕組みが完璧に運用されれば、二重課税は排除されます。でも、じつは一件落着じゃない人(?)がいるんですね。

f:id:taxjolly:20200806065454p:plain
*一件落着じゃない人がいる⁉

ほかならぬ日本政府です。

世界中の国が、すべて同じ税率ならいいかもしれない。でも、実際は国が違えば税率もちがいます。仮に、日本よりも高い税率の国の税金を控除するとなると、なんとなく日本の政府としては損した気になる。二重課税排除の名のもと、日本の税収を犠牲にして、外国の税収確保を優先しているようなものですから。

で、結局、その控除にはいろいろと制限をかけることになる。結果、完全に二重課税が排除されることはない・・・

◆ ◆ ◆


う~む。国と国との間のことになるとややこしいことがあるんだな。ほかに方法はないんでしょうかね?




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。