社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

人は、買う買わないは値札で決める(?)の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。



この4月(2021年4月)から販売価格の総額表示義務が復活しています。店頭などでの価格表示は、消費税を含んだ総額にしなければいけなくなったのです。

* * *

もちろん、総額表示であろうと、以前認められていた消費税抜き価格の表示(本体価格のみの表示)であろうと、レジで支払う金額は同じ。でも、見た目が安い(?)税抜き表示のほうが売れ行きがよくなって、お店としては歓迎すべきなじゃない?

じつは、そんな疑問にこたえる研究結果があります。

* * *

結果は、なんとなく予測つきますかね。そう、税込み価格表示のお店の売れ行きは落ち込んだ一方、税抜き価格表示のお店のほうに多くのお客さんが訪れたといいます。同じような研究は海外にもあって、結果は似たようなものだったとか。

つまり、結論として、こういうことらしい。

────人は、買う買わないは値札できめる。税抜き価格から税込み価格を計算するなんて、面倒くさくて、無視される傾向がある───
f:id:taxjolly:20210413195235p:plain
*こういうことは、ふつうしない⁉


とはいえ、今の世の中、総額表示が義務です。我ひとり行かんといって、税抜き表示を貫きつづけるわけにはいかない。どうしましょう?

* * *

どうしましょうもなにも、すべてのお店が総額表示。なにか差をつけられるものではありません。でも───「1,000円(税込み1,100円)」という表示は認められている。このほうが「1、100円」という表示よりも少しは見た目安く感じられる・・・かな?




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


若者は、テレワークで上司の言動にストレスを感じている(?)、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
若者は、テレワークで上司の言動にストレスを感じている(?)

ある調査によれば、20代、働く若者があるストレスを感じているんだとか。どんなストレスかといえば────

それは、テレワークによるストレス。ふつうに出勤していたころよりも、上司の言動にストレスを感じる割合がおよそ半数(48.2%)に及ぶといいます。

テレワークなら、イヤな上司を直接顔を合わせなくて済む。急に仕事を振られることもなく、自分のペースで仕事ができる。ストレスがすくなくなるのかと思いきや、逆のようでした。ちゃんと仕事しているか? サボってないか? 日報出せよ! 頻繁に入るこんなチェックがその原因らしい。

f:id:taxjolly:20210408190543p:plain
*こりゃストレスもたまりますわ


新しいこと(テレワーク)で、新しいストレスが生まれるんですね。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


<まちがいさがし>総額表示義務違反はいくつあるかな? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。



今月(2021年4月)1日から販売価格の総額表示義務が復活しました。店頭などでの表示は、消費税を含んだ総額にしなければいけなくなったのです。

* * *

<問題>下のイラストに、総額表示義務違反はいくつあるでしょうか?

f:id:taxjolly:20210407175619p:plain

<答>ゼロ


<よくあるカン違い>
販売価格を表示していないから、総額表示義務違反
⇒総額表示義務は、価格を “表示するとき” に守らなければならないルール。価格表示そのものの義務化ではありません。価格を表示しなくても、総額表示義務違反にはならないのです。

その掛け声では総額が明確でない(消費税込みか否かがわからない)ので、総額表示義務違反
⇒総額表示義務は、価格を “表示するとき” に守らなければならないルール(再掲)。掛け声は価格の “提示” であって、表示ではないため、総額表示義務の対象外です。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


「かっぱ巻 時価」は価格表示か? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。



今月(2021年4月)1日から販売価格の総額表示義務が復活しました。店頭などでの表示価格は、消費税を含んだ総額しなければいけないというもの。

* * *

あるところで、こんな質問を受けました。────総額表示義務で、こういうのはOKなの?

f:id:taxjolly:20210403160235p:plain

「かっぱ巻 時価」。これじゃあ、価格を表示していないじゃないか。総額表示義務違反だ。なんとなくこう思います。でも、総額表示義務は、価格を “表示するとき” に守らなければならないルール。価格表示そのものの義務化ではありません。つまり、価格を表示しなければならない義務は、ない。

* * *

ということで───
「かっぱ巻 時価」が価格の表示でないのなら問題なし。

でも、もし、価格の表示に当たるのだとすると、こういう表示にしなければならないんでしょうかね。

f:id:taxjolly:20210403163402p:plain
*はたして、この表示に意味があるのだろうか。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


収入と益金はちがう、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。



似て非なるもの。たとえば、“収入” と “益金”。

前者が会計上の概念で、後者が税務上のもの。利益を増やすのが収入で、課税所得を増やすのが益金です。本来、両者は別物。したがって、会社には収入と益金がそれぞれ存在している。

* * *

でも、それはちょっとややこしい。そこで、税金の世界では、「収入=益金」を基本としつつ、それに当てはまらない例外を、税金計算するときに調整することになっているのです。

* * *

f:id:taxjolly:20210331191941p:plain
f:id:taxjolly:20210331191017p:plain
f:id:taxjolly:20210331191215p:plain
f:id:taxjolly:20210331191955p:plain

* * *

調整するのは、決算書では収入にしているにもかかわらず、税金の世界では益金にならないものです。その名は “益金不算入”。

益金不算入になると、法人税の申告書でその収入を “なかったこと” にします。なんとすばらしい! 子どもがなぞなぞで聞いてきたのは、このことだったんですね。とはいえ、前回の損金不算入とちがい、現実の益金不算入はさほど多くありません(残念ながら)。

(模範回答)
父:法人税法第22条の別段の定めとして規定されているもの(←前回と同じ)



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


経費と損金はちがう、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。



似て非なるもの。たとえば、“経費” と “損金”。

前者が会計上の概念で、後者が税務上のもの。利益を減らすのが経費で、課税所得を減らすのが損金です。本来、両者は別物。したがって、会社には経費と損金がそれぞれ存在している。

* * *

でも、それはちょっとややこしい。そこで、税金の世界では、「経費=損金」を基本としつつ、それに当てはまらない例外を、税金計算するときに調整することになっているのです。

f:id:taxjolly:20210327084305p:plain
f:id:taxjolly:20210327084125p:plain
f:id:taxjolly:20210329071046p:plain
f:id:taxjolly:20210327092358p:plain

* * *

もっとも多い調整。それは───決算書では経費にしている。でも、税金の世界では損金にならないというもの。その名は “損金不算入”。

損金不算入になると、法人税の申告書でその経費を “なかったこと” にします。子どもがなぞなぞで聞いてきたのは、このことだったんですね!

(模範回答)
父:法人税法第22条の別段の定めとして規定されているもの(←なぞなぞの答えらしくない)



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


長期的にみれば・・・・・われわれはみんな───、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


f:id:taxjolly:20210324064006p:plain
「予測」は、遠い将来のものよりも近い将来のそれのほうが立てやすい。当たり前ですかね。

1年先のことならなんとなく見通せても、10年先のことなんかとんとわからない。これが普通でしょうから。でも、じつはそれは誤解。遠い将来のほうがより正確な予測ができるはずだといいます。

* * *

サイコロを振って、1の目がでる確率は1/6とは限りません。でも、数多く振れば、それは1/6に近づく。振れば振るほど近づく。回数がすくないと、たまたま1の目が続いてでたり(でなかったり)の偶然性に左右されるけれど、回数が増えるにしたがって、偶然性が排除されていく。

長期の予測のほうがより正確だというのは、これと同じ理屈。短期の予測は偶然に左右されることがあり、当てにならない。でも、長期の予測では偶然性が排除される。したがって、ブレなく、より正確な予測ができるというわけ。

* * *

うむ、なるほど。そういわれればそんな気もします。とはいえ、やっぱり・・・・・会社の経営計画などは、長期より短期のほうが立てやすい。10年後の会社なんてイメージできない。もしかして、おれ、生きてないかもしれないし・・・。んっ? 生きてない?

* * *

経済学者のケインズが、イギリス経済の長期的な予測を問われて、いわく。

───さよう、長期的にみれば・・・・・われわれはみんな死んでいる───

そりゃそうだ。やっぱり、長期的な予測は正確なようで。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。