社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

(戯曲の習作)借入金の返済は経費にならない、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
(戯曲の習作)借入金の返済は経費にならない

(場 所)居酒屋の個室
(登場人物)K:中小企業の社長
A:Kの親友。同じく中小企業を経営している。なにかにつけカン違いが多い。

◆ ◆ ◆

K:久しぶり。どうだい、調子は?
A:いやあ、相変わらずカン違いが多くてさ。この間も “未曾有” って書いてあるからさ、みぞうゆう、みぞうゆうって言ってたら、違いますよ、って。よくあるだろ、そういうカン違い。
K:いや、あまりないが。ところで、話ってなんだい?
A:・・・実は、(意を決したように)借入金返しちゃおうと思って。
K:なっ、何だって?
A:会社の借金の残り、まとめて返済しようかなって。
K:おいおい、どうしちゃたんだい? コツコツ返していくって約束したじゃん。約定どおり返済していくって。あの、銀行との約束はうそだったのか?
A:いや・・・
K:おれとも約束しただろ。ウチの借入金も同じころに返し終わる。一緒に完済で祝杯だぞって。すき焼き食おうぜって。おれとの約束もうそだったのか?

f:id:taxjolly:20210121072400p:plain

A:いや・・・・・今期だいぶ利益が出そうなんだ。
K:なに⁉
A:つまりさ、借入金返済して、利益を圧縮しようってわけさ。おまえだって社長だ。わかるだろ、この気持ち。約束破ってわるいが、節税のためだ。まとめて返すよ、借金。
K:ぷっ、ハッハッハッ。こいつぁいい。

f:id:taxjolly:20210121072704p:plain

A:何がおかしい⁉
K:おまえは、やっぱり、空前絶後のカン違い野郎だな。
A:なに⁉
K:借入金返済で利益圧縮なんて、前代未聞だぜ。おまえの会社、今期は黒字だよ。税金たっぷり納めてくれよ。なぜなら・・・

◆ ◆ ◆

借入金を返済すると、利益が減る。まれにこういうカン違いがあります。借入金の返済は、通帳の残高を減らしますから、そう思うのもある意味当然(?)。

でも、残念ながらそうではありません。いくら銀行へ借入金を返しても、利益はまったく減らないのです。利益を減らすのは、経費だけ。つまり、借入金の返済は、経費にならない。

もし、借入金の返済が経費になるとしたら・・・

● 借りたお金を使ったとき→経費になる→1回目
● 借りたお金を返したとき→経費になる→2回目

なんと、使ったときと返したとき、2回経費になってしまいます。お金を借りたときに、それを売上にするのなら、返したときに経費にするのもいいでしょう。でも、通帳に振り込まれた借入金を売上にする会社はありません(もちろん、会計的にも認められる処理ではありません)。

したがって、いくらお金を返しても──たとえそれによって通帳の残高がゼロになったとしても──利益は一銭たりとも減らないのです。
*ここでいう借入金の返済とは、元金のこと。元金以外の利息は、もちろん経費です。

◆ ◆ ◆

K:そうだったのか。
A:そういうわけだ。まぁゆっくり飲もうや。
K:う、うん。おっ、すき焼き来たかな・・・って、おい⁉ ひっくり返してるよ!
A:借入金だけに。おやおや、未曾有の大惨事だ、こりゃ。

■みぞう【未曾有】:有史以来、一度も起きたことのないような、まれなできごと。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


おさらい配偶者の控除(完結編)、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
おさらい配偶者の控除(完結編)

<前回までのあらすじ>
配偶者がいる人の控除の満額(このブログでは、配偶者38─サンパチ─控除と呼びます)は、あなたの所得が900万円以下でなければ受けられません。所得900万円であれば、配偶者38控除のためにクリアすべき要件は、あと3つ。入籍、同一生計そしてホニャララの壁です。
blog.takahasikaikei.com
blog.takahasikaikei.com
blog.takahasikaikei.com


ホニャララの壁?

ホニャララには、それを超えたら配偶者38控除が受けられないという配偶者の年収が入ります。さて、その年収は?
*パート勤務の配偶者(年収が給与の人)の場合です。

f:id:taxjolly:20210117072508p:plain
*配偶者38控除が受けられる配偶者の年収の上限?

f:id:taxjolly:20210120112712p:plain
残念。以前はそれでよかった。でも、いまは150万円が正解です。
f:id:taxjolly:20210120112931p:plain

<前回からのまとめ>配偶者38控除の3要件
■入籍
■同一生計
■配偶者の年収150万円以下(年収が給与の場合)

要件の中で、いちばん問題になるのが、3つめの要件です。1つめ、2つめの要件は問題になることはあまりありません。

f:id:taxjolly:20210120171726p:plain

150万円の壁の前で愛を誓い合う、もとい、配偶者38控除の要件を確認し合うふたり。めでたし、めでたし
(おしまい)



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


おさらい配偶者の控除(その3)、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。



<前回までのあらすじ>
配偶者の控除の満額(このブログでは、配偶者38─サンパチ─控除と呼びます)は、あなたの所得が900万円以下でなければ受けられません。年収が給与の人は、年収1,095万円以下で、所得は900万円以下になります。
blog.takahasikaikei.com
blog.takahasikaikei.com


配偶者38控除のために、所得900万円以下のあなたがクリアすべき要件は3つ。

■■■
1.結婚していること

配偶者控除ですからね。当たり前です。ただし、事実婚はダメ。法律的に結婚している必要があります。

f:id:taxjolly:20210117072056p:plain
■■■
2.同一生計であること

同一生計とは、生活費のおサイフが一緒ということ。ふつう、ひとつ屋根の下で暮らしていれば同一生計になります。

f:id:taxjolly:20210117072526p:plain
*古典的な同一生計のようす

■■■
3.配偶者の所得要件。ホニャララの壁。

最後は、配偶者の所得要件。ホニャララの壁です。ホニャララには、それを超えたら配偶者38控除が受けられないという配偶者の年収が入ります。
*パート勤務の配偶者(年収が給与の人)の場合です。

f:id:taxjolly:20210117072508p:plain
*配偶者38控除が受けられない配偶者の年収の上限?

さて、その年収は?
(次回へつづく)



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


外科医の誕生日は、ホニャララが20%増し、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
外科医の誕生日は、ホニャララが20%増し

最近のある報道によると、

───外科医の誕生日に、緊急手術を受けた患者の死亡率は、誕生日以外に受けた患者より1.2倍高い───

こんな研究結果を、慶応大学と米カリフォルニア大学の研究グループが明らかにしたそうです。誕生日でちょっとウキウキしていて集中力が欠如していた、ということですかね。

集中力を欠くと人はミスをしますから。 関連する記事
blog.takahasikaikei.com


それにしても、慶応大学はなぜこんなことを調べようと思ったのかな。

これからは、手術前に執刀医に誕生日を確かめる必要がある?

f:id:taxjolly:20210112121538p:plain



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


2021年、あけましておめでとうございます、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
2021年、あけましておめでとうございます


f:id:taxjolly:20210106181625p:plain

年が明け、2021年(令和3年)になりました。

今回が今年の初投稿です。すこしでも有益な情報を提供できるよう、がんばります。一日も早く、なんの気兼ねなく、だれにでも会える日がくることを祈りて。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


1日も早く、素顔のままで語り合える日がきますように、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
1日も早く、素顔のままで語り合える日がきますように

今回が、年内最後の投稿です。あるはずだった東京オリンピックが延期になったりと、いろいろあった2020年。

1日も早く、素顔のままで語り合える日がきますように。

f:id:taxjolly:20201227065009p:plain

f:id:taxjolly:20201227065618p:plain:w80


*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


おさらい配偶者の控除(その2)、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。



<前回のあらすじ>
配偶者の控除の満額(このブログでは、配偶者38─サンパチ─控除と呼びます)は、あなたの所得が900万円以下でなければ受けられません。所得って何? ということで、まずは年収と所得の違いを確認しました。
blog.takahasikaikei.com


■■■
給与の人は、年収がわかれば大丈夫

では、あらためて────

f:id:taxjolly:20201219181338p:plain
そんなこと聞かれても、ふつう
f:id:taxjolly:20201222181213p:plain

答えられないですよね。年収は気にしていても、年収と所得の違いがわかっていても・・・。

でも、心配なし。年収がわかれば大丈夫です。

給与の年収と所得には、どちらかがきまれば、もう一方が自動的にきまるという関係があります。その関係からすると───給与の人は、年収が1,095万円以下なら、所得は必ず900万円以下になる!

f:id:taxjolly:20201222181653p:plain
であれば、所得は必ず900万円以下です。

■■■
個人事業主は、みずから売上と必要経費を計算する

そんな給与の人に対して、

f:id:taxjolly:20201222182202p:plain
これがまさに所得の計算。売上から必要経費を差し引けば、所得です。

◆ ◆ ◆

(その1)と今回の(その2)でようやく、前提が終了。次回から、メインの要件の確認です。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。