社長のためのじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

確信があるように振る舞え(?)の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
確信があるように振る舞え(?)

ある説によると、絵がヘタに見えるか、うまく見えるか(うまいか、ヘタかにはあらず。あくまで「見えるか」)は、線が弱々しいか、力強いかによるらしい。もちろん、前者がヘタに見えて、後者はうまく見えるといいます。

* * *

要するに、自信を持てということなのかな。こう思っていたら、こんな言葉に出会いました。いわく。

────確信を持て、いや、確信があるように振る舞え。そうすれば次第に本物の確信が生まれてくる(ゴッホ)────

これを処世訓にしている人もいるかもしれませんね。演じていれば、次第に中身もそれに近づくということでしょうか。ちょっとかっこいい。

* * *

とはいえ、ゴッホには、生きている間に売れた絵は、たった1枚だけだったという話がありますよね。そんなゴッホが本物の確信について語るのは、ちょっとムリがあるんじゃない?


f:id:taxjolly:20210609190803j:plain:w200
*じつは、わたしは某画像素材サイトで、イラストを1枚(!)売ったという実績を誇る。これがそれ。題は「空振りをする男」。スパイクではなく、革靴なのはご愛嬌。まあ、それはともあれ、ゴッホに肩を並べたということでOK?




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


「自主的な」の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
自主的?

わたしの所属する団体(とくに名を秘す)から、定期総会の案内が届きました。開催にあたっての時節柄(新型コロナウイルス禍)の取り組みが列挙され、その中に「懇親会は開催しません」とあります。まあ、いまの時期はそれが無難です。

もうすこし読み進めていくと、こんな注意書きが。いわく。────自主的な懇親会開催もお控えください────

* * *

自主的な懇親会!

要は、飲み会のことですよね。総会が終わったあとで、仲間で飲みに行くのはやめてね、と。でも、すこしお堅い案内文の中で、そのような表現はしづらかったのでしょう。そこで「自主的な懇親会」。「自主的な」とは「強制されない」ということなので、間違った表現ではないはずですが・・・そこはかとなくユーモラスな感じが漂います(*)。*1

f:id:taxjolly:20210605101559p:plain:w170
【自主的】ほかから促されるわけでもなく、自分の判断で行動するようす。
(用 例)「彼はいつも~~に宴席を盛り上げてくれるので助かる」
(反対語)強制的

* * *

自主的といえば、最近、某大臣が「自主的な研究成果の発表だ」と述べて、話題になりました。「〇〇くんは、夏休み自由研究以外にも、自主的にこんな研究をした」的なニュアンスで、こちらもなんとなくユーモラス(大臣の発言の趣旨を非難するものでも擁護するものでもありません。念のため)。

*1:*そこはかとなくユーモラスな感じが漂う
「自主的」と「懇親会」という出会うはずのない言葉が合わさっているのでそう感じるのでしょうか。どうせユーモラスな感じがしてしまうのなら、来年はいっそのこと「独自の懇親会」としたらどうで・・・・・・もとい、来年はこんな注意書きがいらない世の中になっていますように。

「そんなの、覚悟ですよ」の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
「そんなの、覚悟ですよ」

先日読んだ日本経済新聞文化面の「私の履歴書」。その一節にこんなやりとりが。著者があることに弱気になって「無理よ」と言うと、返ってきたのは「そんなの、覚悟ですよ」

そのひと言が、著者の胸に響いたらしい。が、じつはわたしの胸にも響いた。

そうだよな。覚悟を決めれば、たいていのことはできるはずだよな。

* * *

覚悟を決めれば、たいていのことはできる────だって、おれは別にボクシングの世界ヘビー級チャンピオンを目指しているわけじゃないし、オリンピックの陸上100メートルで金メダルを取ることをたくらんでいるわけじゃないし、メジャーリーグのホームランキングがターゲットでもない。もっとハードルを下げて、なにかの日本一を目指しているわけでもない。目指していることは、もっと現実的で、手が届きそうなことだからな。そんなの、やってできないはずないじゃないか。覚悟を決めれば。

* * *

われわれの願いは、われわれのうちにある可能性の予感であり、われわれがなしうるであろうことの先触れである────ゲーテ

思いついたことはできる。思いつかないものはできない────ピカソ

* * *

f:id:taxjolly:20210601192122p:plain
「いや~、大谷翔平の活躍に感化されまして・・・メジャーリーグのホームラン王目指すことにしたんですわ。幸い、小学生のときに地元の野球団に入っていた経験がありましてな。覚悟を決めて会社も辞めました。スパイクはまだなんで革靴ですが。それにしてもン十年ぶりに持つバットがこんなに重いとは。としですかなあ。わはははははははははははは」←これは無理。





*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


悩み多き書類(になった)、なんじの名は「法人事業概況説明書」の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
法人事業概況説明書が脚光を浴びだした!

法人事業概況説明書(以下「概況書」をいいます)なる書類があります。法人税の申告書にいっしょに提出するもの。その概況書が、ここ1年くらいのあいだに急に脚光を浴びるようになったんですね。なぜなら、概況書には月別の売上高が載っているから。

* * *

新型コロナウイルス関連の給付金では、前年同月(同期間)の売上と比べて、決まった割合以上の売上減少が支給の要件になっています。その売上減少を確認するための書類として、概況書が用いられるようになった。これが脚光を浴びだした理由です。

* * *

そうすると、こんな悩みがでてきます。

たとえば────5月の売上を確認していたら、4月の売上にモレがあることに気づいた。そのときに、さかのぼって4月の売上にするのではなく、5月の売上として処理する────。そうたびたびあることではないし、その会計処理がまちがっているわけではない。もちろん、年度を通しての売上にモレはない。問題なし。

f:id:taxjolly:20210530081524p:plain
ところが、概況書にはそのモレた売上は5月の売上欄に記載されます(会計のシステムと連動している場合)。ほんとうのほんとは4月の売上なのに。

正しくは、概況書には4月の売上として記載すべきなんでしょうね。まあ、これからはそうすればいいのかもしれない。でも、過去のものはどうする? 見直して修正するのは膨大な手間。というか、そもそも概況書の修正なんて、聞いたことない・・・

* * *

悩み多き書類(になった)、なんじの名は「法人事業概況説明書」。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


きょうの更新はパスさせてもらおう、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
きょうの更新はパスさせてもらおう

業務が立て込んでいるため(5月末は数の多い3月決算法人の申告期限なのです)、きょうの更新はパスさせてもらおう。

f:id:taxjolly:20210526194423p:plain
*微妙に季節はずれのイラストになってしまった。多忙を理由によしとしよう。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


2021年、ふるさと納税のしくみが変わる、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


f:id:taxjolly:20210523134559p:plain
■■■
2021年、ふるさと納税のしくみが変わる

「ふるさと納税」のしくみが変わります。

ふるさと納税で控除をうけるためには、各自治体が発行した「寄附金の受領書」を税務署に提出しなければなりません。仮に、10か所にふるさと納税をしたのなら受領書も10枚。

それが、今年(2021年)から、1枚でよくなるかも。

* * *

どこに、いくらふるさと納税をしたかを、一覧表にして発行してくれるサービスが始まるんですね。サービスを提供するのは、ふるさと納税のサイトを運営する事業者(「ふるさとチョイス」「ふるなび」などを運営する事業者)。その一覧表で、控除が受けられるようになるというわけです。

* * *

なら、「1枚でよくなるかも」ではなく、「1枚でよくなる」なんじゃない? いやいや、複数のサイトを利用すれば1枚じゃなくなるし、ひとつのサイトだけの利用でも、100か所(!)にふるさと納税すれば、当然用紙は1枚ではおさまらない・・・

とはいえ、それらはどちらかといえば稀なこと。多くのケースでは「1枚でよくなる」はず。私たちにとって、利便性が上がるのは確かです。

* * *

ふるさと納税は、返礼品の3割ルールの影響で、2019年の実績は久しぶりのマイナス成長でした。今後もそれがつづけば、サイトを運営する事業者にとっては、死活問題。早めのてこ入れを、ということでの新サービスなんでしょうか(もちろん、税制を巻き込まなければ、勝手に新サービスだけ始めてだけでは実効性は伴わなかったわけですが)。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


あなたの正体は。の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
あなたの正体は。

あたらしく顧問先になる会社の社長からこんなことを言われました。「税理士の免許証(*)を見せてくれますか」。初めての体験です。こんなリクエストは、開業以来30年近い年月の中で、ただの1度もなかった。

(*)税理士の免許証。ただしくは「税理士証票」といいます。

ということは────今まで、圧倒的多数の方たちは、名刺にそう刷ってあるからというだけで、わたしを税理士だと思ってきた?

* * *

人は、名刺の肩書をなんの疑いもなく信用してしまいます。でもそれは、ある意味とっても危険なわけで。とすれば、冒頭の社長のリクエストは間違っていない・・・というよりも本来そうすべき。それで、尋ねられたほう(わたしのこと)がマイナスの感情を抱くこともないわけですし。


重要のことを、初対面のだれかにお願いする。こんなとき、なんらかの方法で相手のことをしっかりと確認*1するのは、大切なことですよね。

* * *

さて────「町田の税理士 高橋浩之 です」。このひと言でわたしのことを税理士だと思っていませんか。じつはそれだって怪しい(かもしれない)。ということで、本邦初公開、税理士証票をここに・・・と思ったけれどやめておきます(いよいよ怪しい?)。


■4コママンガ「時の過ぎゆくままに」■
f:id:taxjolly:20210516080417p:plain
*ヘンな展開・・・

*1:*何らかの方法で相手のことをしっかりと確認する
相手が税理士の場合。もし、面とむかって税理士証票を見せてというのが気が引けるなら・・・日本税理士会連合会のHPでかんたんに、税理士として登録されているか(つまり、ほんものか)を調べることができます。地元の税理士会(支部)に問い合わせてもOK。