社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

ひとつかみの砂金を信じて───の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
ひとつかみの砂金を信じて───

どんな仕事でもそう。もちろん、税理士だってそう。日々、業務に関する勉強は欠かせない。もちろん、机に向かうだけが勉強ではありません。でも、税理士の場合は、仕事柄それが多くなります。

本を読んだり、セミナーを受けたりして勉強する。でも───忘れてしまう。一度覚えたことを忘れてしまう。ヘタをすると、勉強したことさえ忘れて、おなじことをまた勉強しようとしたりする。

大丈夫だろうか。以前はそんなに忘れなかったような気がするが・・・。こう心配になっていたら、ある言葉に出会いました。

───学問なんて、覚えると同時に忘れてしまっていいものなんだ。けれども、全部忘れてしまっても、その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が残っているものだ───太宰治の小説「正義と微笑」から

f:id:taxjolly:20201213072427p:plain

ひとつかみの砂金を信じて、これからも勉強をつづけよう。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。