社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

おさらい扶養親族、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。



今(2020年12月中旬)は、年末調整の真っ最中。あらためて、年末調整で控除対象となる扶養親族の要件をおさらいしましょう。


■■■
第1の要件:16歳以上の親族

つまり、高校生から。中学生までは、扶養控除の対象外です。

f:id:taxjolly:20201215084751p:plain

f:id:taxjolly:20201215085140p:plain
*16歳以上であれば、いくつでも構いません(年齢の上限なし)。

■■■
第2の要件:同一生計であること

同一生計とは、生活費のおサイフが一緒ということ。

f:id:taxjolly:20201215090046p:plain
*ふつう、ひとつ屋根の下に暮らしていれば(つまり、同居していれば)同一生計です。

ただし、同居が絶対の要件ではありません。別々に暮らしていても、仕送りなどによって、生活費のおサイフが一緒であれば同一生計になります。

f:id:taxjolly:20201215121303p:plain
*仕送りに、いくら以上などという基準はありません。

■■■
第3の要件:103万円の壁

有名な(?)103万円の壁です。親族が給与をもらっている場合、年収が103万円以下であることが要件。もちろん、1円超えているだけでもダメですよ。年収103万 “1円” の親族は、扶養控除の対象外です。

f:id:taxjolly:20201215190654p:plain

◆ ◆ ◆

多くの場合、上の3要件を満たせばOKです。

ただし────あなたが個人事業主ならご注意を。もし、親族に給与を支払っていたら、3要件を満たしていたとしても、その親族は扶養控除の対象外になってしまう。たとえ、支払った給与が “1円” であっても。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。