社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

(今年は)俺たちにあと1か月ちょいある、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
(今年は)俺たちにあと1か月ちょいある

所得税の確定申告の期限は、翌年の3月15日です。でも、ご存知のとおり、2020年分のそれは1ヶ月延びて、4月15日が期限になっています。

とはいえ、まわりの同業者は、3月15日までの終了を目指しているところが多い。当事務所もそう。

* * *

多くの税理士にとって、3月15日という日付には大きな思い入れがあります。その日までに、なんとしてでも確定申告を終わらせねば。こういう思いをずっとしてきていますから。

f:id:taxjolly:20210310200203p:plain
*よって、毎年3月15日にはこのイラストを使いまわすことになる

* * *

そこで、勢い、申告期限が延びたにもかかわらず、3月15日までに終わらせたいという意識が強くなっているというわけです。

でも、もしからたらそれは、税理士の勝手な都合なんじゃないか。職業エゴみたいなもんなんじゃないか。最近、こんなことを考えるようになりました。

* * *

4月15日までなんだから、それまでに申告すればいい。お客さんにとっては、なにか理由がある場合を除いて、3月15日にこだわる必要はありません。それに合わせるのが、お客さんの立場を考えた対応なのかなというわけです。

* * *

という思いがある一方、やはり3月15日の呪縛は相当強い。昨年も同じく1か月延びました。3月15日を過ぎての申告は、期限が延びていることがわかっていながら、なんとなくいけないことをしているような気持ちになりましたから。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。