社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

それは売上とは関係ないから固定費だ! の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
よし、それは売上とは関係ないから固定費だ!

先日(2021.3.16)の日経新聞に、会社がつかう固定費が大きく減っているとの記事がでていました。いうまでもなく、いまの社会情勢(コロナ禍)による影響です。

* * *

固定費とは、売上高の増減に関係なく出ていく経費のこと。家賃などが代表例。と、これが典型的な固定費の説明です。

f:id:taxjolly:20210321080811p:plain
*ほう、ということは・・・

でも、これだと、その語感も手伝って、固定費は、毎月一定額、あるいは毎月固定的に(毎月もれなく)発生するのものだと思ってしまう。でも、そうではありません。

* * *

たとえば、2年に一度の車検代。たとえば、3年に一度の事務所の更新料。これらも固定費です。なぜなら、売上高が増えたの減ったのとは、関係がないから。売上高が増えたから、車検を通すわけではなく、事務所の更新をしたから売上高が増えるわけでもない。とにかく、売上高の増減とリンクしなければ、固定費。たとえ、それが数年に一度の支払いであっても。

* * *

会社の固定費はいくら? この疑問にこたえるとき、固定費を一つひとつ拾い上げていくのは得策ではありません。会社の総経費のうち、変動費はなにかを決めて、それ以外はすべて固定費とする。実務的には、こうしないとわけがわからなくなります。いや、でも、じゃあ、“変動費” っていったいなに?

それはまた次回。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。