社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

収入と益金はちがう、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。



似て非なるもの。たとえば、“収入” と “益金”。

前者が会計上の概念で、後者が税務上のもの。利益を増やすのが収入で、課税所得を増やすのが益金です。本来、両者は別物。したがって、会社には収入と益金がそれぞれ存在している。

* * *

でも、それはちょっとややこしい。そこで、税金の世界では、「収入=益金」を基本としつつ、それに当てはまらない例外を、税金計算するときに調整することになっているのです。

* * *

f:id:taxjolly:20210331191941p:plain
f:id:taxjolly:20210331191017p:plain
f:id:taxjolly:20210331191215p:plain
f:id:taxjolly:20210331191955p:plain

* * *

調整するのは、決算書では収入にしているにもかかわらず、税金の世界では益金にならないものです。その名は “益金不算入”。

益金不算入になると、法人税の申告書でその収入を “なかったこと” にします。なんとすばらしい! 子どもがなぞなぞで聞いてきたのは、このことだったんですね。とはいえ、前回の損金不算入とちがい、現実の益金不算入はさほど多くありません(残念ながら)。

(模範回答)
父:法人税法第22条の別段の定めとして規定されているもの(←前回と同じ)



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。